ラフロイグ レガシーエディション

 

ラフロイグの10年とレガシーエディションを飲み比べてみました。10年は以前飲んだのですが、
ラフロイグの感想は、アードベックがまず外観的にパンチを効かせてくれるならラフロイグは内側からパンチをくれるところでしょうか。
10年は腐葉土とゴム、ヨード香は味にも同じことが言えるのですが、レガシーエディションは香りは10年より熟成された香ばしい香りに感じた。味の方は、10年のように香りとのイメージ通りにはいかなく、ヨードを一筋に主張してくるように感じました。そして、10年のようなフィニッシュにくるスパイス感が柔らかくなりました。 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です