タリスカー5年 オールドモルトカスク瓶詰と25年飲み比べ

今までのテイスティングの流れで自分の好みは色が薄く、熟成年数が若くカスクストレングス。この条件で若い瓶詰5年をチョイスしてくれました。
香りははっきりとしたカスタードクリームとバニラエッセンス。ピートが塩っぽくミネラル感たっぷりと分かりやすいです。モルティーに塩っぽく、甘塩青りんごといった表現が良く合います。ツンとさせられた後にモルトの甘み、カスク感は無くモルトの余韻があり、ラストは正露丸ピートとといったところです。
そして、こんな話をマスターとしていたらこっそりと25年をハーフでプレゼントしてくれました。予想外ですが飲み比べてみました。
ミルキーなカスタードの香りは5年と同じ印象ですが、青りんごが消えてオーキーになりました。シケモクのような花粉的スモークです。口に入れると香りでは感じなかった上質なモルトのカブトムシの味です。上品な甘みがリッチに僕の脳と心を染みさせます。5年にはなかったシェリーも感じます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です