オクトモア 07.2

若さをモルトの芳香な乳酸系の香からうかがえる。奥に潜む強烈なピートが感じ取れる。カスク、タンニンの渋みはなく純粋に繊細なモルト。
ピートが喉の奥、胃まで連れて行き、鼻まで磯の余韻が残る。
クセ、ピートのPPMが強いが、エグミが控えめな分、たくさん飲めてしまう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です