モルトウイスキーコンパニオン

この本は土屋守氏のシングルモルトウイスキー大全とはまた違った良さが敷き詰められています。故マイケルジャクソンという偉大な人物の意志を継承したマイケルジャクソンの本です。
この本もマスターに見せてもらって探して衝動買いしました。ウイスキーの魅力を彼らしく表現されていますが、すごく丁寧で伝わってきます。この本の特徴として面白いのは、ウイスキーのテイスティングノートに彼の点数がつけられているところです。点数の付け方でも惹かれるのは、100点中の広い範囲で採点で60点以下や85点以上は滅多になく、65点は美味しく普通のウイスキー、75点はAクラス、85点は執筆者が心から推奨するウイスキーでこれ以上の点数はまさに最高級のモルトウイスキーのエリートと説明されています。ここでわかるのは、ウイスキーに不味いものはないということです。あと、故マイケルジャクソンと聞いて初めての人は一般的にダンサーのマイケルと思いますが、同姓同名の別人のマイケルジャクソンです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です