レキシントン

日本では販売しておらず、アメリカのケンタッキー州のレキシントンにちなんでついたわけではなく、パッケージに写るこの馬、レキシントンという有名なダービー馬にちなんでつけたというのがおもしろい。
ストレートでの感想・・・赤ワインとオレンジの香り。アルコールとホワイトオークの新鮮な香り。バーボン特有の力強さはやさしくマイルドに香りではタンニン、エグみを感じない。口に入れるとオイリーでスパイシーなココナッツの味がオイリーに鼻を抜けていく。
甘さはみずみずしく柔らかく控えめ。若干飲んだ後に舌の奥でエグみが残る。やわらかく硬水を飲んでいるかのよう。フィニッシュではホワイトオークの主張は当たり障りなく、しかし、ホワイトオーク一本の主張が伝わる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です