余市 ノンエイジと20年の飲み比べ

余市の贅沢な飲み比べをしました。ノンエイジと一気に歴史を刻んで今では入手するととんでもないお値段になります。もちろん、バーにあるのも凄いですが、もう僕は二度と飲める機会はないと噛みしめて頂きました。
ノンエイジはカスクとシェリーのリッチな香りでかすかにミルキーなのはピートが効いているからだと思います。そして口に入れずともみずみずしい香りがします。飲むと辛口でカスクが渋く伝わりスパイシーに痺れます。口当たりもみずみずしくエステリーですが、ミズナラをハッキリと使用しているかは分かりません。甘さは無く薄味の辛口でエステリーで個性的なウイスキーです。
0年はノンエイジにシェリーの香りがプルーンに強調されてレーズンとうすくち醤油にピートを炊いたような香りです。少しミルクの香りもしてノンエイジとしっかりと共通するものがあります。歴史と希少性と日本男児として噛みしめながら口にすると強烈にカスクを感じ、辛口のプラムの味がします。ノンエイジのようなみずみずしさは健在でチェリーの余韻が残ります。オークが渋く染みて歴史を感じます。シェリーのリッチな余韻でエステリーさが混ざり合ってほかに表現できないであろうほど個性的なハーモニーです。みずみずしくもはっきりとした辛口のウイスキーです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です