ワイルドターキー飲み比べ 現行&ペルノリカール時&オールド

現行・・・バニラとホワイトオークの新樽の香り。まろやかで奥に力強さがある。アルコールの多少の辛みがパワフルで樽のエグみを欲しがるウイスキー飲みとしてカスク感をエグみが圧倒して体力を使うが飲みごたえは抜群。

ペルノリカール時・・・現行に比べて青りんごと煎餅の芳ばしい香りが加わった。樽のトースト感が強まり、焦げたトーストとはちみつ。

オールドボトル・・・アルコールのツンとした酸味はなく繊細で華やかなホワイトオークのカスクでプールサイド。ビターでも苦みが繊細で心地よい。エグみがビターな苦みで消されるほど上品な原酒なのかと感じてしまった。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です