ホワイト&マッカイ

このウイスキーはダブルマリッジという手法でモルト原酒をヴァッティングさせシェリーバットで後熟、その後グレーン原酒がブレンドされ、再びシェリー樽で寝かせます。この手法が売りのホワイト&マッカイを楽しむべき購入しました。

ストレートから特徴を楽しみます。リンゴとシェリーカスクが香ります。アルコールの蒸発するような感じが喉の上をすかします。カスクの余韻は少なく水々しくさらっと喉を通ります。やわらかく口当たりスムースです。後からピートがスパイシーで余韻はやはり安定して短めです。グレーンの食パンっぽさが無く味としてアルコールの嫌味も無く当たり障りありません。何も考えずにどんどん飲んでしまいそうであります。飲んだ後の膜の張ったグラスを嗅いでも香りは少ない。草っぽくライトボディーです。少しピートの味がしてハーブというよりユーカリ感はグレーンからか?口に入れた時のライトでさらっとシロップの甘さとすぐに中程度のピート、ライトボディと思うとピートがやや強く感じます。次は水割りを楽しみます。ストレートの後だと香りが分かりません。飲むとグレーンのピスケット感と冷たさの後にぬるく甘さが立ち上がります。水割りとして飲んだ方がストレートよりおすすめです。当たり障りなく、かつ甘い印象を残します。後から徐々に水割りでもライトにカスクを感じ始めます。ほぼグレーンの余韻ですが、水割りで飲めば飲みやすいので誰にも嫌味は感じさせず万人に楽しんでもらえるでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です