動物 アニマル 上履きアート

新学期の4月で年中さんになる息子に上履きアートの新作で何がいいかと聞くとカバの一点張りだった。次に好きなのがサイである。まだ何も描いていない上履きを見せてレイアウトを聞いたらちゃんと本人の希望の動物と配置も決まっていたので従うことにした。本当はスターウォーズとか気合を入れて描きたかったが、かえって難易度も増したのは、アクリル絵の具を使用した実写だからである。アニメチックに描こうとは一切思わなく、よりリアルに描いてやろうと思ったし、息子もそっちの方が喜ぶだろうと自分の息子だから確信した。

なにかとまずは下書きがしっくりこないのは実写なので色を付けるまで分からないところが怖い。



色を塗っていく中でキャラクターものと違って正確な色がはっきりとしないので、ここはセンスに任せる。カバの一色の茶色、サイの灰色をいかにリアルにさせるかに苦労した。少しずつ茶色、灰色に白や黒、カバに関しては赤を足したりして立体感をだした。

毎度のキャラクターシリーズでは上履きの内側にキャラクターシリーズのロゴを子供の名前にアレンジしていたが、今回の動物シリーズではロゴもくそもなく、息子は葉っぱとか川とかいうのでサバンナの風景を描いた。カバの内は水回り、サイの内はサバンナの草原にした。

描き終わって思ったのは、うまくできているなかで名前のロゴがないのでこれは販売された上履きと勘違いされるのではないか?と思った。
案の定、先生に息子が説明するまでそう思っていたようだ。しかし、自分としては嬉しい。オリジナル感といえば、中敷きに左右を履き間違えないようにカバのキャラクターを描いたのでよしと思うが、これは息子しか見れないのが残念だ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です