ストラススペイとグレンファークラス18年の飲み比べ

どういう経緯でストラススペイと名乗ったのかは知りませんが中身はグレンファークラスだそうで、グレンファークラス18年と飲み比べをしました。
ストラススペイは見た目からもう濃い液体ですごく渋いフレーバーなのかと想像してしまいます。香りはブドウの皮を煮てスモークしたらこんな香りになるのかと思います。シェリーのカスクがビターに濃厚に香ります。色合いとは裏腹にブドウの純粋な甘みがカスクと一緒に味わえます。甘みと酸味とスモークが混ざり合ってますが、酸味が一番勝っています。タイヤのようなゴム感、焦げたゴムとカスクの染みた表現が一番しっくりきます。また、タンニンやニコチンを感じますが口の中が渋くなるという感じはなくスイートです。
グレンファークラス18年も熟成されたシェリーカスクです。ストラススペイを嗅いだ後だと薄れてしまいますが、飲むとしっかりとしたシェリーカスクで、アルコールとプルーンの酸味の香りで個性的です。ブドウの甘みがピートと一緒に鼻を抜けながら脳に届きます。キリッとスパイシーです。シェリーの甘みというよりシロップのような甘みが後から感じられます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です