ストラスミル花と動物シリーズ12年とオールドモルトカスク39年飲み比べ

ストラスアイラの対抗馬として登場、すべてブレンデッドとしてで、オフィシャル、瓶詰ともほとんど出回ることはありませんでしあが、2001年から花と動物シリーズが出回るようになりました。12年はウッディーにシェリー、オーキーな青りんごとスパイシーな香りで、カラメルの甘さと胡椒のスパイスが同時にきます。どちらかと言えばカラメルの甘さが勝ってます。モルトの甘みが栗の甘さのように感じます。
39年は、さすが熟成され、イソジン、プルーンとゴムの香りがします。特にシェリー強烈な印象を残します。上質なモルトがシェリーとピートに上塗りされます。そして、ピートがシェリーにまさか負けてしまうほどやはりシェリーがプルーンのように強烈です。焦がしたコニャックのようです。リッチに熟成されたシングルモルトは目隠しをされても上質なウイスキーだとウイスキーが好きな人なら誰でもわかってしまうんではないかと思うほどリッチです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です