竹鶴 12年 

シェリー樽がスペイサイドを思わせる。熟して爽やかなブドウ。モルトの甘みが強すぎてピートが追い付かなくて脇役に。しかしなくてはならない良いアクセントで脳に軽い信号を与える。ぐいぐいと飲めてしまいそうだがこの快感はもったいなくてついケチケチしてチビチビ飲んでしまう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です