長濱蒸留所 NEW MAKE Alc.59 スタンダードとライトピーテッドとヘビーピーテッドの飲み比べ

長濱蒸留所とは、長濱浪漫ビール社が所有する非常に小さい蒸留所で、マイクロディスティラリーになります。滋賀県の琵琶湖のほとりに存在します。稼働したてで熟成前のニューポットことニューメイクを限定リリースされたのをマスターが出してくれました。
NEW MAKE Alc.59 スタンダードとライトピーテッドとヘビーピーテッドの飲み比べしました。
スタンダードをまず香りを嗅いでみますと、イチゴジャムの香りでイチゴの酸っぱい香りがします。味もしっかりとイチゴ味で、イチゴの余韻が長く続きます。特徴としてこの三択ではピートの効かれたヘビーピーテッドだろうと思っていましたが、スタンダードが一番イチゴというか、どイチゴといった風に印象に残り個性的だと僕は確信しています。以前飲んだニューポットの厚岸に合わせるのが牡蠣なら、海鮮アヒージョと合わせたくなります。
ライトピーテッドはイチゴジャムではなくなり芳香でプールの香りがします。後からイチゴジャムの香りがします。イチゴの酸味とピートが混ざり合って刺激的です。ライトピーテッドとなっていますが満足できるピートです。ピートでイチゴ香は消されてしまいますが、甘みが余韻としてしっかりと残ります。
ヘビーピーテッドの香りはライトピーテッドと少ししかピート香が強まっていません。しかしイチゴの味が健在の中で鼻を抜けるピートはさすがヘビーピーテッドだと感じます。喉を通すまではライトとヘビーの差は対して感じませんが、飲んだ後の鼻の抜け方でピートの差がでてきます。ニューポットで59%のヘビーピートは舌が焼けそうで喉の奥と舌の奥が刺激的に痺れます。
厚岸と同じく個性的で将来が楽しみで熟成されるのが待ち遠しい蒸留所です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です