マッカラン 18年

ドライで上質なモルトの香り。すぐにシェリーの主張は感じなく、粉っぽいカスクが奥にある。
ピートも上品で塩っぽく感じ、余韻がスムースにピートとカスクで強から弱へ流れ、火照る時間が長い。
後からプラムの味がする。マッカランのイメージとしてシェリー香を最初に強く主張すると思っていたが、フィニッシュや口当たりで表現してくる。シェリーを感じたいなら、グレンファークラスの方が参考になる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です