ラガヴーリン16年

ディズニーランドに二泊三日の旅行で舞浜のホテルが駅のすぐ隣で子供たちが寝静まったこのタイムは見逃せませんの二日目の締めの4杯目。連日目のイクスピアリにあるバー、トルセドールにて現行のウイスキーを飲んでみようと締めにラガヴーリン16年。
よく見るとこんなに濃い色だったとは思いませんでした。ヨード香のやんわりしたラガヴーリン特有の分かりやすい主張で、ピート感はあまり主張してきません。
飲んでみると塩オイル、ヨードがラフロイグ寄りの余韻。ピートは後からきます。カラメルの後にしょっぱいモルトの味がします。
現行でかなり完成度が高いウイスキーではないでしょうか。個性的ですが批判する内容が浮かんできません。ウイスキーに不味いものはないのは僕の見解ですが、、、
脳への届いてあとからじわじわと舌が麻痺してきます。
有給を使って二泊三日のディズニー旅行でこんなイベントまで楽しめて幸せな時間でした。これも夢の世界で帰って現実に戻るのが名残惜しいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です