キルベガン

みずみずしいモルトとシロップとエタノールの香り。口に入れると熟した桃と微かにプルーン、甘い梅酒が後から上がってくる。
非常にライトでクリーンな印象。カスクの影響もまろやかな部分だけ残して樽の成分の面影は少ない。後味に尾を引くものは無く、若干アルコールっぽい痺れを残してすっきりしている。ストレートで飲んでお口直しの水はいらないだろう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です