白州12年と18年飲み比べ

かつては森薫るハイボールとして居酒屋で流通していた白州は今や希少価値です。森薫るというキャッチフレーズは大自然の広い敷地で済んだ空気を熟成のときに一緒に呼吸しているということです。
12年は純粋にモルトの甘い香りがします。微かにシェリーでモルトがスムースにラストはピートがします。
18年は12年により磨きがかかったシェリー、熟成度が感じられ、レーズン、ブランデーの香りがします。シェリーとピートが混ざり合うと独特のゴム臭がしますが、白州18年はゴム感はなく、フィニッシュはキリっとオークでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です