グレントファース エイコーン21年とG&Mの飲み比べ

グレントファースはペルノリカール社が現在操業し、オフィシャルボトルは出していないがボトラーズものが出回っている。
エイコーン瓶詰21年・・・アルコール度数の高さがよりモルト香をリッチに引き立てている。重圧感のある華やかなシェリー香。酸味と渋味は無いが樽のスパイスと舌で味わえる。非常にパワフルボディ。樽のタンニンを感じる中で舌をキュッと締めるようなエグみはなく、オイリーでなめらか。フィニッシュでピートが喉の奥から舌のサイドまで戻ってくる感じがホットに感じる。

G&M瓶詰・・・エイコーンと比べてピートが強く入り、それがプリンのカラメルの香りに変化する。それに一滴の醤油を垂らした香り。口当たりが柔らかい。ザ・ロイヤルハウスホールド(オールドボトル)を飲んだ時の奥に独特なベビースターチキンの余韻がよみがえる。ガムシロップを薄めたような柔らかい甘さがサラっと舌を通過する。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です