フロムザバレル

水割り・・・樽のシェリー香とリンゴの香り。グレーンの感じがまろやかでカラメルが甘くウッディー。口に入れると赤りんごの蜜の甘さ、シロップのように非常に甘い。強い甘さの中でピートがよいアクセントとなる。ピートはオイリーではなく粉っぽく粉砂糖のように喉を通過する。
余韻は中程度であるが口に入れた一瞬のシェリーとウッドはジャパニーズウイスキー特有で溜り醤油のように芳ばしく甘い。奥にコクが深く根付いてピートの質が上品で嫌味がない。ジャパニーズの特徴をよく表現した一本で値段も現在の相場からすると良心的で手が出しやすい。

ストレート・・・シェリーと甘いシロップ。日本酒のような麹の甘い香り。甘酒を嗅いでいるよう。揮発性がAlc51.4%の影響なのか強く感じ、鼻をツンとさせるのを通り過ごし扁桃腺をスッとさせる。口に入れるとアルコールの揮発も強い中で赤りんご、表面的な圧倒的な甘さが納得させる。
どちらかとうとニューポット寄りの芳厚さの中でひときわシェリー香が華やかに目立つ。口に入れた瞬間のピートは一瞬で消えていく。
開くと甘いシロップの揮発性にアルコール臭も主張してくるようになる。焦がしたレーズンの甘さが樽のタンニンエキスと絡み合う。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です