ディンプル 12年

銀紙を付けた蜂蜜。クリーミーなグレーンと金属のようなピートが上がってくる。濃厚な蜂蜜とバターのようなカスク。
奥に明らかな甘い華やかさがあるが、シェリーなスペイサイドとはまた違ったパワーを感じる。ピリッと塩分を感じる金属のアクセントが蜂蜜のように芳ばしくピートが徐々に鼻から抜けてくる。奥に酸味があり、キンとしてバーボンとはまた違った刺激がある。キーモルトのグレンキンチーより、個性的なプルトニーのようなハイランド感が強く主張する。中身のグレンロッシーとマノックモアはスペイサイドであるが、、、プルトニーか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です