デュワーズ 12年

宅飲みでデュワーズ12年を開けました。最初に水割りで始めます。まろやかな蜂蜜の微かな香りで少しこもったようなスモークを感じます。奥にグレーンの香りが潜んでいるのが分かります。口に入れて蜂蜜感がとろりと広がり、華やかにスペイサイドらしい余韻が広がります。
カスク、渋味は無くウイスキーの華やかさをすこし残して飲みやすくした感じです。

次はストレートで、紙に包んだ石鹸の香りで柔軟剤を使って洗濯したタオルの香りです。ほのかにシェリー、蜂蜜の甘い香りはキーモルトのアバフェルディを連想します。とろっとした強いシロップの甘みだけが鼻から抜ける息はあっさりと余韻は短いが心地よいです。
舌の奥でピートを感じるが控えめでグレーンのまろやかさが表に出過ぎてカスク等の余韻はありません。ピートの余韻は中程度です。
ロックが合うと思います。ストレートでもいけると思いましたが、やはりグレーンがフィニッシュで乏しく感じます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です