ダフトミル 12年

なかなか入手できず、世界が注目するカスバート兄弟の私設蒸留所で、農家の古い建物を改装しただけだが、マイクロディスティラリーの走りとしてウイスキーファンの熱い注目を集めている。
ヨーグルトとシソの香り。ヨーグルトとガムシロップの甘い香りが重く下に溜まっているので強く鼻で吸うといストレートに香りで味まで感じてしまう。程よい苦みのカスクが桃とはちみつでツンとしたアルコールと共に脳に響いてくる。ただそれだけの表現の中にも説明できないいくつもの当たり障りのない良さが複雑に絡み合う。ツンと鼻から抜けるもミルキー。開いたグラスは不二家ミルキーの過去の中の香りで空いたグラスでもすぐに下げてもらいたくない。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です