クラウンローヤル 飲み比べ

現行品・・・焼酎っぽいアルコール臭で口に入れるとグレーンの感じに甘みがある。樽の味よりライ麦のスパイスと甘みが押してくる。
まろやかで甘くいくらでも飲めそう。水割りにすると違和感なく気持ちよく飲み過ぎてしまいそうなウイスキー。

ノーザンハーベストライ・・・青りんごのスモーク、味も青りんご。スパイシーに強くしびれを感じる。リンゴの蜜の甘みとスモークが余韻として残る。溶剤のようなアルコール感が青りんごとマッチして不思議な世界観を演出してくれる。最初に感じた青りんごの香りが華やかに開いてくる。

リミテッド・・・ブランデーのようなぶどうの焦げた香りとバーボンの力強いバニラオークの香り。オークのタンニンはまろやかでスパイシーに喉を通り、キュッとした渋味は無く飲みやすい。まとわりつくライ麦のプラムのような余韻が甘く続く。
高層ビルの上の階で皮の香りがするソファーで夜景を見ながら飲めたら最高である。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です