カナディアンクラブ 現行12年と30年の飲み比べ

現行12年・・・白い蜜の香りと当たり障りなくリッチなウイスキーの香りを演出。少しアルコールの蒸留酒特有の揮発性の香りもする。
口当たりスパイシーだがすぐに甘くいやらしさがなく飲みやすい。開いてくると温かみのあるプリンの表面の香り。

30年・・・12年と同じ特徴が強く意識できる。そのまま良い部分だけ残して変化させずに樽のエキスを吸った感じであるが30年という長期間のといえる影響はさほど影響は少ない。口に入れるとハッキリと違いが分かる。オーキーでビターにタンニンを焦げたカラメルのように感じ取れる。香りに味、甘みがリッチな空間を作る。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です