ブルックラディ ヴァリンチ

赤ワインとコルクの渋い香り。砂糖の焦げた醤油煎餅の表面。ブドウの皮がポリフェノールの強く感じさせ口の中がキュッと締まりそうな感じが口に入れる前に予想される。赤ワインに漬けた新聞紙、予想通り口の中が樽の渋みとポリフェノールで強く締まる。熟成が早いカバランのよう。
強い甘さよりポリフェノールと渋味の方が印象に残る。樽のエグミとぶどうのポリフェノールが舌の上をひりひり、きゅんとさせる時間が長く、そして余韻も長く続く。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です