ボウモア17年ホワイトサンズと17年の現地で購入したレアボトルの飲み比べ

贅沢にボウモアの17年のホワイトサンズとマスターの知り合いがスコットランド現地で購入した同じ17年レアボトルを飲み比べです。
まずホワイトサンズから香りを楽しみます。熟成されたボウモア独特の優しい香りが理解し始めました。パッションフルーツで飲んでみると、ボウモアってこんな味だったかと疑問に感じてしまったのは塩っぽっさとオイリーな主張を感じたからです。じわじわと後半にかけてピートがアイラ感を出してくれます。

次に現地で購入したマスターのおすすめレアボトル。青りんごとパッションフルーツの香りでホワイトサンズと似た香りですが、付け加えて青りんごのキリっとした香りが追加された感じです。飲んでびっくりするほど甘くパッションが染みてきます。ピートは弱く、これはアイラか?と疑ってしまうほど特徴的です。なんともいえないシェリーと塩っぽさでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です