ボウモア オフィシャル12年(1つ前)と12年(3つ前)の飲み比べ

1つ前のオフィシャル12年は現在の現行12年と違ってフルーティーさはなく、半乾きの洗濯物のフローラルな香りがします。塩素系の水道水の香りも奥にあり、口にすると現行のキャンディ感は共通しますがピートと塩気が増しているように思えます。現行の12年がデザートだとするならば、1日の締めの寝酒といったところでしょうか。葉巻、タバコと相性が良いでしょう(元喫煙者)開いてくるとグレープフルーツのようなフレッシュな味がしてきます。

現行の3つまえは磯の香りが強く、漬物の香りで発酵も強く感じられます。白菜のお浸しで、アイラのヨードが前者より主張する中で、共通のキャンディの甘さがボウモアの特徴を美しく表現してくれます。ピートの控えめなボウモアのイメージを覆す個性あるアイラのボウモアと言ったところです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です