ボウモア ホワイトサンズ17年とマリーナ15年の飲み比べ

以前飲んでパッションフルーツの印象が深かくまた飲み比べてみたいとボウモアのホワイトサンズ17年を軸にマリーナ15年を飲み比べしました。
ホワイトサンズ17年はクリーミーで以前と同じ印象的なパッションフルーツなフルーティな香りです。飲むとパッションフルーティに甘くフィニッシュでカスクの余韻で口の中をスッキリとかつ、華やかにしてくれます。麦がリッチにモルティに鼻をツンと刺激してくれて心地よいです。鼻を抜ける際もパッションでフルーティでまたリッチに良い心地です。そういえばアイラのピートはどこへ行ったのか?心配なくしっかりとフィニッシュでフルーティな甘さをアイラのピートがアイラに変化させてくれます。
マリーナ15年はモルティーでクリーミーな香りです。ホワイトサンズと比べると最初の香りでアイラの潮を連想させられます。しかし、薬品とピート香が苦く薫るものの不快感はなく心地よく、塩がミネラルに伝わります。口に入れると海藻と海苔が海、磯を漂わせながら鼻を抜けてマリーナという名前にふさわしいのがよい表現です。ヨード香が若干苦く残り、独特の特徴を残してくれますが、定番のアイラの感じがありません。それはツンとしたピートの刺激がスムースなところです。ホワイトサンズとは違った意味でアイラのイメージを覆してくれます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です