ボウモア 12年 モリソン時代

プルーンと干しブドウ。奥にモルトのトーストした大麦の芳ばしいツンとしたカブトムシのゼリーの香り。常に揮発しているように感じてしまうツンとしたモルトが華やかに空気中に溶け込む。タンスと塩とゆずの混ざった味はシンプルなようで複雑。タンスの苦みがさっぱりと後味を抑える。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です