ボウモア 1993年 ビンテージ 16年

塩気を帯びた草の香り。海辺の塩が貼り付いた小屋。小屋での焚き火、石ころの燻製。ボウモアとは思えない強いピートとヨード香のフィニッシュ。
アードベッグに近いピートの主張に加え塩の余韻。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です