ブラック&ホワイト

マジパン、食パンに銅の甘い金属香。グレーンのまろやかで空気に馴染んだ香り。刈りたての芝生の香りが奥にある。アルコールの辛みの後に多少の華やかな樽の余韻が鼻から抜けるが中程度。程よくピートが上品に仕立てあげる良いアクセント。アルコールの辛みと中程度のピートを感じる中でストレートで口にしたが水割りにしても当たり障りなく安定する。熟成感はほぼ感じなく、ハイボールより水割りの方がガブガブ飲めるだろうと思い試してみると水と中和せず、粉っぽく金属感が高まり個性的になった。水割りの方がストレートより個性がわかり印象に残る。グレーンの丸みとモルトが金属的に華やかで奥に上品さを回りくどく感じられた。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です