バランタイン 12年

こちらも宅飲みで堪能しました。最初は水割りはフルーティーなカスクの香りでグレーンの感じはなく赤りんごの皮のりんご、リンゴを擦った香りでアイスの冷たさで控えめにはなりますが十分華やかです。口に入れるとコルク感のあるカスクが華やかに広がり品があります。
少し石鹸のアロマ感が後味でフローラルです。赤りんごのフルーティはまさにグレンバーギ。
青りんごより赤りんごですが華やかなカスクは以前飲んだミルトンダフを思い出させてくれます。風呂上りにシャンプーの香りと混ざりながらバランタイン12年の水割りは悪くありません。

ストレートはスペイサイド特有の白い花の香りで華やかです。はちみつのように甘くモルトの発酵した酸味を帯びた香りは少しグレーンを感じるものの、知らずに嗅ぐと十分シングルモルトと勝負できる華やかさがあります。フルーティな紅茶の香りも開いてきます。
口に入れると思ったより粗く、ピリッとピートがフィニッシュまで付きまといます。口に入れた瞬間は甘いがグレーンとピートが刺激してきます。
印象的なのはとろみが強く余韻は中程度ですがピートの痺れが長く続きます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です