アバフェルディ 12年

ブレンデッドのデュワーズの原酒確保の為に建てられた蒸留所でまろやかでハンサムな美酒と言われてますがまだバーで飲んだことがなくて、酒屋さんでお値打ちで販売されていたのでつい購入しました。コルクを開けて香りを嗅ぐとオークととはちみつの香りがしてもうハンサムです。グラスに注いで回して嗅いでもシェリーカスクとはちみつ、少しオレンジピールの棘も鼻に刺さります。飲んではちみつのような甘さとオレンジピールの締まりでオーキーでコルクの余韻が残ります。終盤はスモーキーでスパイシーです。最初は甘辛でバランスが取れていると感じますが、だんだんと甘さが勝ってきて当たり障りなく次から次へと口に進みます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です