100パイパーズ

主要モルトがストラスアイラ、ザ・グレンリベット、グレンリベット、ロングモーンなどスペイサイド主要のブレンデッド。
水割り・・・青りんごゼリーの香り。溶剤の香りもする。口に入れるとグリーンスライムの余韻でフェイスクリームを舐めた余韻もする。
奥にリッチなカスクがグレーンを染め上げているのがなめらかでコクがあるのでそう感じる。コクがあるので水割りでも十分にリッチにスペイサイドの華やかさを楽しめる。ライトボディの中で普通のウイスキーの水割りに一工夫リッチな余韻を加えたワンランク上のブレンデッドであると明確に表現されている。

ストレート・・・華やかなシェリーが香るがメインは溶剤の香り。しかし華やかでリンゴとはちみつレモンの香り。口に入れると荒いピートがのどを痺れさせる。味がしっかりとしていてコクがあり、麦芽の甘みがキャンディのよう。お祭り屋台のリンゴ飴の味。個性があるように引きつけてくるが、当たり障りのない、つまり欠点が見つからないウイスキーである。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です